Lazy M のすべて ぐーたら主婦による海外ドラマ、映画のレビューや旅行記など

Menu Close

『ペーパー・ハウス』シーズン3ネタバレ感想:捕まった仲間を救うため、スペイン銀行を強盗せよ!

『ペーパー・ハウス』シーズン3全8話

Netflixドラマ『ペーパー・ハウス』シーズン3全8話を視聴しました。シーズン1&2は元々スペインの放送局と制作会社によるドラマでしたが、シーズン3以降はNetflixの製作になっているようです。ポリコレ色がちょっと強まった感じがしましたね。個人的にシーズン1&2より面白さが減少したかなという感想です。でもシーズンラストの8話はドキドキハラハラして盛り上がったし面白かったです。

あらすじ

仲間の犠牲を出しながらも成功させた造幣局襲撃計画から2年後。トーキョーとリオはカリブ海の島で遊び暮らしていた。しかし、そんな生活に飽きてしまったトーキョーは、人との交流を求めて一人で島を出ることを決める。残されるリオは闇市場で入手した衛星電話をトーキョーに持たせた。しかし、衛星電話をかけるとすぐさまユーロポールに察知され、位置情報は国家情報局へと伝わり、リオは捕まってしまう。警察の追跡を何とか逃げ延びたトーキョーから緊急連絡を受けた教授は、各地に散っていたメンバーを招集する。

予告動画

新たな登場人物&キャスト

シーズン3で強盗団に加入したメンバーや新たに登場した人物を紹介します。

リスボン

元警部のラケル。教授と結ばれ、シーズン3からはリスボンとして強盗団の一員になっています。演じているのはイツィアル・イトゥーニョ。

ストックホルム

元造幣局秘書のモニカ。デンバーと結ばれ、不倫相手だったアルトゥーロとの子を出産してシンシナティと名づけました。ストックホルムとして強盗団の一員に加わります。演じているのはエステル・アセボ。

パレルモ

教授とベルリンの友人で今回の計画のリーダー。ベルリンに想いを寄せていました。造幣局襲撃以前からベルリンと共にスペイン銀行強盗計画について考えていました。演じているのはロドリゴ・デ・ラ・セルナ。

ボゴタ

新たに強盗団に加入したメンバー。ナイロビに好意を寄せています。演じているのはホヴィク・ケウチケリアン。

アルトゥーロ

元造幣局局長。お前まだ出てくるんかいって思いました(笑)。造幣局襲撃事件の英雄としてタレント活動を始めたようです。妻子にもモニカにも去られ、承認欲求の塊のような惨めな男に。演じているのはエンリケ・アルセ。

アリシア・シエラ

スペイン銀行強盗事件を担当する刑事。ラケルとは顔見知り。甘いものが好きなようです。頭の切れが良く、拷問も辞さない手強い妊婦さん。演じているのはナイワ・ニムリ。

ネタバレ感想

死亡したベルリンにまた会える

造幣局襲撃事件で仲間を逃がすために犠牲になったベルリンですが、シーズン3でもめちゃくちゃ出番ありましたね。警察に捕まって拷問にかけられているリオを救うため、再結集したメンバー達がスペイン銀行から金を強奪するという作戦を実行するわけですが、その作戦を考えたのが生前のベルリンと彼の友人パレルモだったのです。つまり、過去の話でベルリンが出まくりということですね。

そして、シーズン1&2では謎だった教授とベルリンの関係も判明しました。兄弟でした。やっぱりそういう近しい関係だったんですね。何話だったか忘れましたが、一度ベルリンが「義弟」って言ってたので、異母兄弟とかなのかな。父親とのことは共有してそうな感じがありますから。はっきりさせないままシーズン2で終わりでも美しかったけど、続いたからには関係が判明してすっきりしました。

ベルリン、何だろう、ムカツクことのほうが多いですけどキャラとしての魅力が凄いあると思います。俳優さんの演技がドハマリしてるのも大きいかも。どうせ出てくるなら生きてスペイン銀行強奪作戦のリーダーやってるところが見たかったなぁ、というのが本音。今回の作戦のリーダーはベルリンと一緒に計画を考えてたパレルモなんですが、ちょっとムカツク感じとか横暴な感じとかどことなくベルリンと共通してるところがありますね。

話は逸れますが、パレルモは銀行襲撃早々トラブって銃撃され目にガラス片が刺さるという恐ろしい目に遭うんですが、この強盗団、医者がいないくせに何回も手術や治療こなしてるの凄すぎない…?凄いけど、素人の外科治療なんて怖すぎる。注射だって素人にされたくないのに。絶対この強盗団には入りたくないって思う。

カップルの喧嘩ばかり見せられる

シーズン3がこれまでより面白みに欠けたの、カップルの喧嘩ばっか見せられたことなんですよね。シーズン1&2で結ばれたカップルが何組かいるわけですけど、予想はしてましたが、結ばれる過程を描き終わったらまあ大体喧嘩やら衝突が起きて別れの危機を描くしかやることないですよね…。でもトーキョー&リオ、教授&ラケル、デンバー&モニカの3組全てでそれやらなくてもよくない?ギャーギャー感情的になったり険悪になってるのはもうお腹いっぱいって気分になっちゃいました。恋愛のいざこざよりクライムサスペンス部分をもっと楽しみたかったです。そもそもこの3組の中で私が応援できたのってデンバー&モニカだけだったので、応援してもいないカップルのゴタゴタとか興味ないんですよね。

リオがトーキョーに別れを切り出すタイミングが最悪なのは確かにそうなんですけど、トーキョーなんて愛想つかされて当然な振る舞いしかしてないし(リオを島に残して一人で遊びに出て行くって、この立場で普通そんなことする?)、なんでトーキョーは周りに迷惑かけることしかしてないキャラになってるんでしょうね?何の能力が買われて彼女はこの強盗団に入ったの?謎い。ちなみにショートヘアも美しいけど、ボブの方が好きでした。

ラケルはアリシアに母親と娘をダシに動揺させられた後、その怒りを教授にぶつけていましたが、何であそこで教授にブチギレたのかよくわかりませんでした。教授は教授でラケルのことを「負かした」って言ってしまったのは酷い。あれはラケル怒るし、「私の人生は台なし」って言っちゃう気持ちもわかる。ラケルの今の人生はラケルの選択ではあるんですけど。
ラケルが教授に「リオはベルリンに復讐するための言い訳よね」って言ってるのも意味不明だったんですけど、これ日本語字幕のミスですよね?「ベルリンに復讐」じゃなくて「ベルリンの復讐」がしたいんですよね?英語字幕を確認したら”excuse to avenge Berlin”でしたし。
あと、ラケルは事前に木登りの練習しておくべきでしたね。いきなり木登りなんてできるわけないのに、『木の上でやり過ごす』っていう作戦を予め立てておいてどうして木登りを極めておかなかったのか。

シーズン3のデンバーは、あんまりいいところがなかったなぁ。むしろちょっと好感度が下がって残念でした。デンバーとモニカぐらい、喧嘩せずにイチャイチャさせとけば良かったんじゃないですかね、バカップルみたいに。リオに別れを告げられたショックで酒に溺れたトーキョーがデンバーにキスするシーン、ガチでイラッとしました。あの瞬間、私モニカだった。デンバーは何とか理性で弱々しく拒否してる感じを出してたけど、嫌じゃないんだろうなってのは丸わかりだったし、あれが原因で更にモニカと険悪になる展開なんて別に見たくない…。うざさもキモさも倍増のアルトゥーロまで出て来て余計にややこしいんですから。なんでアルトゥーロの対処をモニカ一人でするかね?あの2人を2人きりになんてさせたくないでしょ。あと、シーズン2の感想で、父親の死のことでトーキョーを責めないデンバーは凄いって書きましたけど、今回チクチク責めてましたね(笑)。

私の一番の推しナイロビがヘルシンキに恋してるのは吃驚しました。あまりものに適当に矢印出させたんじゃ…って気もしましたけど。コンビとしての2人は好きですけどね。全員に恋愛させなくてもいいのよ!

新キャラ・アリシアは魅力的

新キャラ・アリシアは強烈なキャラクターですね。人権無視の拷問もやっちゃうし、教授にやられた手法で鮮やかにやり返すし、子供をダシにしてナイロビを狙撃させちゃうし、容赦ない妊婦さんです。笑顔が怖い。ラケルがわりと人道を重んじるタイプでしたが、それと対照的な女性です。

脱走するフリをするという教授の作戦が見事に成功して高揚していたのも束の間、アリシアに同じ手口を使われて教授はまんまとラケルが処刑されたと思わされてしまいました。自らの作戦に自らもハマる。そして、犠牲者を出したくない・暴力を避けたいとずっと思っていた教授が戦争宣言をしてしまいました。ここ最高に面白かったです。民衆の支持もなくなってしまうかもしれませんね。

アリシアはどこまで計算していたんでしょう。燃える軍人さんを見ている時の表情からすると、ここまで攻撃されるとは予想してなかったんでしょうかね。彼女なら、民衆の支持を失わせるためにわざと強盗団に武力を使わせて、警察側に多少の犠牲者が出ることも計画済みだったようにも思えますが。

そしてナイロビは助かるんでしょうか。アリシアはぶっ飛んだキャラで嫌いじゃないけどナイロビ退場させたら許せないよー!あんな卑怯な手で!

最後に

強盗団が奪った金を民衆にばらまいたことで支持する人が出てくるのはわかるんですけど、全員に平等に分配されたわけじゃないし、不正に得たお金で贅沢してる集団をそんなに多くの民衆が熱烈に支持するものなんですかねえ?ここらへんがちょっと、腑に落ちなかったです。政府や権力に対する不満が大きいってことなんですかね。で、強盗団はそれに抗い立ち向かってる側ってことなんでしょうけど、でもこっち側も不正じゃん…っていう気持ちがどうしても拭えず。人権や法を無視したやり方や、不都合を隠した機密文書みたいなのが批判されるのは当然としてね。弱者の不正より強者の不正の方が圧倒的に許せないものなのかもしれませんね。

私の中でトーキョーの好感度はアルトゥーロ並みに低いんですけど、ここから挽回できますかね?