Lazy M のすべて Lazyな主婦による海外ドラマ、映画のレビューや旅行記など

Menu Close

『ストレンジャー・シングス』シーズン2全9話ネタバレ感想:スティーブの株が爆上がり!ウィルを乗っ取ろとする恐ろしい敵との戦い

『ストレンジャー・シングス』シーズン2

いやー、面白いですね。次のエピソードを押す手が止まらないです。そしてシーズン2でスティーブのことをこんなに好きになるなんて予想してませんでした。1であんなにイキってた彼がこんな役回りになるなんて~!シーズン1でナンシーとくっつかずにフェードアウトしててもおかしくない立場だと思ってました。

あと、S1の感想で「ゲート」のことを「扉」って表記してましたが、今回からゲートでいかせて頂きます。

あらすじ

あの出来事から1年。マイクは無線機で毎日イレブンに呼びかけていたが、応答はなかった。スケボーが得意なマックスという少女がホーキンス中学校に転校してきて、ダスティンとルーカスが彼女を仲間に引き入れるが、マイクはそれに抵抗を感じていた。裏側の世界から生還したウィルはクラスメイトからゾンビ小僧と虐められていた。その上、不意に裏側の世界へトリップしてしまう症状があったが、オーエンズ博士にはPTSDで片付けられてしまっていた。やがて症状が悪化していき、裏側の世界の空を覆う巨大な黒い影に怯え始める。ダスティンは家のゴミ箱にいた小さなナメクジのような生物を飼い始めた。一方、イレブンは生きており、警察署長ホッパーと秘密裏に暮らしていた。町の作物が悉く腐敗する不可思議な現象から、ホッパーは原因が研究所にあることを突き止める。イレブンは家から出ることを許されず、マイクと会うこともできない生活に嫌気がさしていた。

予告動画

新たな登場人物&キャスト

マックス・メイフィールド

画像右側の子です。演じてるのはセイディー・シンクちゃん。左の画像はイレブン役のミリー・ボビー・ブラウンちゃんですね。マックスはマイク達の中学校に転校してきたスケボーとゲームが得意な女の子です。

ビリー・ハーグローブ

マックスの義兄で、スティーブやナンシーと同じ高校に転校してきました。父親がマックスの母親と再婚したため、マックスと義兄妹になりました。スティーブ以上のイキリくん。マイクのお母さんもムラムラしちゃうほど色気ムンムン。演じてるのはデイカー・モンゴメリー。

ボブ・ニュービー

S1の最後にもちょこっと出てきましたが、ジョイスの彼氏。ジョイスとホッパーの高校時代の同級生です。ホーキンス中学放送部の創設者。演じているのはショーン・アスティン。急に出て来て何でジョイスとくっついてるんだ怪しい…って思ってましたけど、普通にめっちゃいい人でした。

マレー・バウマン

ホーキンスでの出来事を調べていた記者。変わり者っぽいです。ナンシーとジョナサンが、バーバラの死とウィルの失踪に研究所が関与した証拠の録音テープをマレーに持ち込みました。演じているのはブレット・ゲルマン。

マインド・フレイヤー

マインド・フレイヤーは画像の空を覆ってるタコみたいな黒い影です。裏側の世界を支配しているモンスターですが、ウィルがトリップした時に黒い影を見ただけで、表の世界で実体を持って現れたりはしませんでした。ウイルスのように生物に入り込み、宿主を支配して操ることができます。熱に弱く、低温を好みます。デモゴルゴン同様、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に出てくるモンスターです。ファイナルファンタジーにも「マインドフレイア」という脳みそを吸ってくるモンスターが出てくるので、わたしはそっちかと思ったんですが、そもそも「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が元ネタなんですね。

ネタバレ感想

ウィルとホーキンスの町を侵食していた裏側の世界

ウィルは、裏側の世界を支配していたマインド・フレイヤーというモンスターにウイルスによって寄生され、脳を徐々に侵食されてスパイとして操られてしまいました。

ダスティンは、ウィルが吐いたナメクジのような生物を自宅のゴミ箱で見つけ、ダルタニアン(ダート)と名づけて飼い始めました。よくあんなグロ生物を飼おうなんて思いますね。って思ったんですけど、餌付けされてなついてきてるの可愛いじゃんか…ってなりました。ダートはデモゴルゴンの幼生で、物凄い早さで成長していくんですけど、ちっちゃい身体でお花がパカッて開くのがまた可愛かったです。でも猫ちゃん食べちゃったのはダメ。

一方、ホーキンスの町の地下には触手がトンネルのように張り巡らされ、裏側の世界からの侵食が始まっていました。裏側の世界では空に触手状のマインド・フレイヤーがいたわけですが、表側の世界だと地下になる構図ですね。「裏側の世界」って、英語では「Upside Down」となっていて、「逆さま」の意味になるんですよね。裏の世界の空は引っくり返すと地面になりますからね。

マインド・フレイヤーのスパイになってしまっていたウィルの罠にはまり、大量のデモドッグ(デモゴルゴンへの進化途中であろう、四足歩行で歩くモンスター)に兵士達が殺され、研究所のゲートからデモドッグが続々と表の世界へ出てきてしまいました。そのデモドッグたちによって研究所にいた人間はほとんど殺されてしまい、みんなを逃がすために勇気ある行動をしたボブも殺されてしまいました。察しが悪いわたしは、エピソードタイトルを見た時、「スパイって誰だろう。ボブかな~!」なんて思ってました…。ボブごめんね。

地下に張り巡らされた触手トンネルと、乗っ取られたウィルはシンクロしているらしく、触手を焼き払うとウィルも苦しみ悶えているのがめちゃくちゃ可哀想でした。あの時のウィルの表情がすごい恐ろしくて、ホラーだなって思いました。ジョイス、ジョナサン、ナンシーの3人が部屋をめちゃくちゃに暑くしてウィルの身体からマインド・フレイヤーを追い出そうとするシーンは、除霊みたいでしたね。苦しむウィルに対してジョイスが心を鬼にできたのは、ボブの死があったからですよね…。

やっぱりエルは生きていた!ホッパーとの絆

エルは生きていましたね。デモゴルゴンを消滅させた後、エルは裏側の世界へ行ってしまったようです。すぐに表側の世界へ戻ってこれましたが、ホッパーとの秘密の2人暮らしが始まり、家から出られない生活がストレスで喧嘩になってしまいましたね。また実験材料にされてしまうのを怖れて家に閉じ込めてしまったホッパーの気持ちもわかるし、家から出られなくてストレスがたまるエルの気持ちもわかります。ちょっとホッパーは大人げなかったですけどね。でもやっぱり、最後はお互いに悪かった点を謝って絆が深まりました。それにしても、ホッパーはなぜ森にワッフルを置き始めたんでしょう。生きてるかもしれないって思って置いてただけなんでしょうか?勘が働いた的な?

ラスト、ホッパーはオーエンズ博士から「ジェーン・ホッパーの出生証明書」を受け取っていましたね。ジェーンはエルの本名です。エルはホッパーの娘ということになったのでしょうか。娘を亡くしたホッパーはエルにたくさんの愛を注いでほしいです。エルは強盗したりとちょいちょい悪いことするので、教育もちゃんとしてほしい(笑)。エルのお母さんは昔、ブレナー博士から幼いエルを取り戻すために研究所に乗り込んだのですが捕まってしまい、頭に強い電流を流されて廃人のようにされてしまったのでした。酷いことです。エルは能力を使ってお母さんが伝えたかったことを視ることができましたが、いつか、お母さんも治るといいですね。でも、ジェーン・ホッパ-になっちゃったし、もうお母さんは出てこないんでしょうか。

もう一人の超能力者

このシーズンから、被験体ナンバー8のカリという少女が出てきました。幻覚を見せることができる超能力者です。カリは幼少の頃エルと同じ部屋にいましたが、能力を得たのちに研究所を脱出し、強盗仲間とつるんで研究所の人間に復讐をしていました。エルは母親の記憶を視た時にカリの存在を知り、遠く離れた都会までひとりで会いに行って仲間に入りかけるのですが、ホッパーやマイクがピンチに陥っていることを知り、カリと別れて颯爽とマイク達の元に駆けつけました。カリとのこのエピソードはあんまり面白くなかったかな~。

エルだけじゃなくて、もっと前に脱走してる被験体がいたとか、研究所の機密漏洩しまくりじゃないですかね。S1で秘密を知った面々もあっさり他の人に喋っちゃってますし、あれだけたくさんの人間にバレておいて隠し通せるわけないですよね。よく今までバレなかったね、と思います。研究所は閉鎖されたっぽいですが、S3ではどうなってるんでしょう。

スティーブ大活躍!ナンシーの株は大暴落

シーズン2は何と言ってもスティーブでしたね。スティーブ、誰のお兄ちゃんでもないのにいいお兄ちゃんしてた。まさかダスティンとコンビになるなんてね!キッズ組を守るためにビリーと対決するのもよかったし、ボロッボロなのにキッズ組と地下に行くのも凄いカッコ良かった。ナンシーにめっちゃぞっこんなんですよね。ワルい男の子がひとりの女の子に一途になる展開、たまらんですわ。スティーブ大好きになりました。ねっとりセクシービリーよりずっとずっとカッコよかった。

ジョナサンもスティーブもいい男なのに、ふたりから好意を寄せられているナンシーは今回嫌な女すぎた。酔っぱらって、バーバラのことでスティーブに当たるところ、まじで最悪でしたね。バーバラのこと後悔してるんでしょうけど、あなたがスティーブに当たるのは意味がわからない。挙句、スティーブとの関係も曖昧なままジョナサンと肉体関係持ったのは完全に最低ムーブです。スティーブと付き合ったのは、(待ってたのに)ジョナサンが告白してくれなかったから、みたいな酷いことも言ってましたよね。S1の感想で「みんないい子!」って言ったけど、ナンシー、これはないよ。正義感が強くて優しい子なんですけどね。バーバラの葬儀がちゃんと行われたのは、ナンシー(とジョナサン)が動いたからだし、プロムで誰とも踊れなかったダスティンと踊って励ましてあげてましたし。でも流石にスティーブに対してひどすぎる。それにしても、プロムのナンシー、もう少し可愛くしてあげればいいのに(笑)。なんかちょっと老けすぎじゃありませんでした?

オーエンズ博士も最初嫌な奴かと思ったけど良心があったし、このドラマ基本的にいい人ばかりなので、きっとナンシーも自分の悪いところを認めて視聴者をスッキリさせてくれることでしょう。次シーズンではビリーもいい奴になるんですかね?ビリー嫌な奴でしたけど、怖いお父さんには敵わなくて泣いちゃうのちょっとかわいかったです。まさかマイクのお母さんと何か起きたりするんでしょうか…。

ゲートは閉じられた

ホッパーとエルでデモドッグの巣窟となった研究所へ向かい、開いた張本人であるエルの能力を使ってゲートを閉じることにします。ゲートが閉じるとマインド・フレイヤーの支配下にあるウィルも死んでしまうため、ジョイス、ジョナサン、ナンシーはゲートを閉める前にウィルの身体からマインド・フレイヤーを追い出す作業にかかります。キッズ組はスティーブとお留守番でしたが、研究所からデモドッグを引き離してエルを援護するため、地下のトンネルが集合する場所を焼く作戦に出ます。マインド・フレイヤーの支配下にあるデモドッグやウィルは集合意識(ハイブマインド)を有しているため、地下のトンネルを攻撃されると攻撃者を排除するために皆集まってくる特性があるからです。作戦は上手くいき、ウィルはマインド・フレイヤーから解放されてエルはゲートを閉じることに成功しました。

めでたしめでたしでS2は終わりを迎えましたが、3はどうなるんでしょうね。またゲートが開いちゃうんでしょうか。カリはもう出てこないんですかね。他の被験体は登場するのでしょうか。でも研究所は壊滅的になっちゃったし、他の被験体って存在するのかな?カリみたいに昔脱走してた被験体が他にもいたらマジで漏洩しまくりです。

最後に

シーズン2もめっちゃ面白かったです。ナンシーにはちょっと「おーい」と思いましたがイライラするほどではなかったし、ラストはダスティンを気遣って優しい面を見せてくれましたしね。あの優しさが勘違いさせる要因ではあるかもしれませんが。マイクとエル(特にエル)がマックスを仲間として受け入れたのかどうか気になります。プロムでルーカスとマックスがくっついてたから、エルの嫉妬もなくなってS3では普通に仲良しかもしれないですね。S1ではルーカスがエルを良く思ってなかったけど、S2はマイクがマックスを良く思ってなくて、マイクとルーカスの立場が逆転していましたね。S3も引き続き鑑賞していきます。