Lazy M のすべて Lazyな主婦による海外ドラマ、映画のレビューや旅行記など

Menu Close

Netflixドラマ『全裸監督』シーズン1全8話ネタバレ感想:AV黄金期に活躍した村西とおるを描く実話に基づいたドラマ

『全裸監督』シーズン1全8話

話題沸騰だったNetflixドラマ『全裸監督』のシーズン1を遅ればせながら鑑賞しました。評判に違わず面白かったです!セックスシーンで笑わずにいられなかったのは初めてだったかも。

あらすじ

村西とおるは英語教材のセールスマンだったが、業績が振るわなかった。優秀な先輩である小野の下について学ぶうちにめきめきとセールストークを身に着け、トップセールスマンに上り詰める。しかし、会社の売上金が小野に盗まれ、悲嘆に暮れて家へ戻った村西は妻の不倫現場を目撃してしまった。怒る村西を妻は「あんたでイったことがない!」と詰り、子供を連れて出て行ってしまう。バーでヤケ酒を煽る村西は、チンピラの荒井トシと出会う。村西はトシと組み、得意のセールストークを活かしてビニ本を売りさばき、アダルト業界で名をあげ始める。

予告動画

登場人物&キャスト

村西とおる

「アダルトビデオ(AV)の帝王」「ハメ撮りの帝王」の異名を持つAV監督。アダルト業界のドンに喧嘩を売り、何度も痛い目に遭いながら不屈の根性とタブーをぶちやぶる手法でのし上がります。白のブリーフ姿にカメラを背負い、時には自ら男優もこなします。相手をその気にさせるセールストークが特徴的。演じているのは山田孝之。

荒井トシ

村西の相棒。ヤンチャなチンピラでどこか憎めないです。村西の才能を信じて数々のピンチを共に乗り越えましたが、村西を助けるためにヤクザを頼ってしまってから歯車が狂い始めてしまいます。演じているのは満島真之介。

川田研二

元出版社社長。村西と出会い、彼について行くことになります。ブレーン的な存在。映像会社を立ち上げた折には、逮捕歴のある村西に代わって社長を務めます。演じているのは玉山鉄二。

佐原恵美(黒木香)

厳格な母子家庭で育った女子大生。性的なことへの関心が強いが、世間体や母親の目があるために隠していました。村西と出会ってありのままの自分を曝け出すことができました。演じているのは森田望智。

池沢栄吾

アダルト業界最大手・ポセイドン企画の社長。何かと逆らう村西にあらゆる妨害を仕掛けてきます。演じているのは石橋凌。

武井道郎

警視庁の人間。裏で池沢と繋がっています。演じているのはリリー・フランキー。

古谷伊織

おちぶれていたヤクザ。村西たちのビニ本を運送することで再起することができ、特にトシに目をかけていました。演じているのは國村隼。

ネタバレ感想

個性的なキャラクターを実力ある役者が魅力的に演じている

村西とおるさん、このドラマで話題になるまでわたしは存じ上げませんでした。パッションが凄いですね。人をその気にさせる時の話し方のクセも凄いです。ドラマで演じられているキャラクターでしか知りませんが、面白い方だなぁと思います。白ブリーフ一枚姿でカメラしょってるの、インパクト強すぎでしょう。強烈な個性と話術で人心を掴むことに長けてますから、教祖とかにもなれそうですよね。ネットではなくまだビデオが主流だったころのAVは観たことがないので、村西さんがAVにどういう影響を及ぼしたか、この方の存在でどう変わっていったのか等は全く知りません。駅弁て村西さん発祥なんですか?あの体位に駅弁て名づけたということ?それとも、駅弁を世に広く知らしめたとか?わからないけど、行為中に「弁当はいかがですかーー!」なんてやり始めたらわたしは笑っちゃいますね!法螺貝吹かれても笑っちゃいます!よく萎えませんね!山田孝之があれをやっているというのも凄い面白かった。適役でしたね。女優さんが濡れ場に挑戦すると体当たり演技と言われたりしますが、山田孝之もまさに体当たり演技でした。内容的に結構過激でハードだし、セックスシーンは確かにAVのようではあるんですが、シュールな面白さがあるんですよね。それがドラマとして良かったです。

黒木香さんのことも、このドラマで知りました。彼女もまた強烈なキャラクターですね。TVに出てる時の話し方はデヴィ夫人を彷彿とさせます。いわゆる育ちの良いお嬢様であった彼女がAVに出演し、作品を宣伝するために堂々とTVに出演して腋毛を見せる姿はカッコよかったです。wikiによると男女ともに人気があったようで、イロモノ的な目もあったかと思いますが、女性側が支持する気持ちはとても共感できます。AV出演って今でも偏見の目で見られがちなので、自分の意志で出演したとしても隠したがる人は多いと思うんですが、彼女は恥じることなく堂々と自分を主張されてる姿が爽快でした。TVでも活躍されていたAV女優というと、わたしは真っ先に飯島愛さんが思い浮かぶのですが、こういう方たちのお陰で少しずつAV女優への見方は変わって来たはずです。わたしより上の世代の方たちより下の世代の方たちのほうが、確実にAV女優への偏見は弱まっている…と信じたい。森田望智さんの演技もとても素晴らしかったです。

荒井トシはわりとよくいる憎めないチンピラですよね。ノリが軽くてチャラくて楽観的で、でも惚れ込んだ相手にはとことんついて行く男。満島真之介がすごく役にハマってて好きです。なんせ顔が良い。村西をすごく慕ってて、ハワイで収監されてしまった彼の保釈金を用意するためにヤクザである古谷を頼ってしまったことで、遺体の処理をさせられたり、裏ビデオを流したり、薬物に手を出したりと、道を完全に踏み外してしまいましたね…。トシが古谷を頼らなければ村西は助けられなかったですが、村西にとってトシは大切な仲間だったからこそ、こんなことに手を染めた彼が許せないことでしょう。村西が許しを請うトシを抱きしめながら見限るシーンは辛かったです。トシの出番はもうないのかなと思ったら古谷が迎えに来ていましたから、今後もまだ出番はありそうです。村西のところに戻れるでしょうか。

川田研二も強烈な個性があるというキャラではないですが、あの玉山鉄二がズボンに手突っ込んでシコってるのが衝撃的すぎました(笑)。その場で仕事を放棄して村西について行くフットワークの軽さも面白かったです。

腋毛、女性への抑圧

黒木香さんの腋毛を剃らないスタイル、どう感じましたか?フェミニズムが強まっている今の世ですと「(女性に対して)ムダ毛を処理するのは当たり前という風潮はおかしい」という論調は普通にありますが、それでもやはりムダ毛は処理するものという感覚の方が根強いです。

昭和の終わりから平成の始まりはこの風潮はもっと強かっただろうに、その中で腋毛の処理をしないという選択を主張する彼女は素敵だなと思いました。個人的には、性的に興奮するかどうかという点においては、男女ともムダ毛はない方が好きです。が、「女性は処理をするのが当たり前」という押しつけが大嫌いです。面倒な人はしなくていいし、しない人を嘲笑するようなことはやめるべきですよね。だから彼女のように堂々と腋毛を見せる女性は、不当な押しつけを崩すのにとても良い影響を与えてくれたはずです。

処理するもしないも個人の自由。処理しないのが当たり前になればいいということではありませんし、ムダ毛がない女性を好む男性に「ムダ毛を受け入れろ」と強要するのも違います。「剃れ」と強制してくる池沢のような人間が最悪だということです。まあ、池沢の場合はビジネスですから、腋毛の生えてる女性の需要がないとなれば剃るよう言うのも仕方ないことかもしれません。しかし、結果的にビデオは売れたわけですから、彼は見誤ったんですよね。それに、彼が剃らせようとしたのは、彼の個人的な好みのように見えました。

腋毛って一体いつ頃から剃るようになったんだろうと思って調べてみたら、1915年頃にアメリカのファッション誌で推奨されてから、日本では1960年代頃に洋服を着るようになって腋が露出することからエチケットとして処理を推奨されるようになったそうな。そこまで長い歴史のある風習ではないんですね。

女性だってエロを楽しむ

日本では長いこと、慎み深く恥じらいを持った女性が好まれていたと思います。今はネットが普及して女性でもAVを見易くなったし、女性にだって性欲があることも理解されたし、女性だってエロい創作をしたり見たりしてめちゃくちゃ楽しんでますよね。男性が下品な下ネタで盛り上がってるのと同様に、女性も下品な下ネタで盛り上がっています。もちろん、男女ともにそういうのが苦手な方はいるでしょうけど。

わたしもエロい創作物大好きなので、女性がエロを存分に楽しめる時代になってよかったなぁと心底思うわけですが、黒木さんの時代はどうだったでしょう。『SMぽいの好き』の撮影で、女性が主導権を握ってセックスを楽しんでいたことに、撮影陣が若干引き気味でしたよね。ここまで女性主導なのは見たことない、と言っていました。セックスにおいて女性は受け身であるものだったということでしょう。女性が自分から欲しがるなんてはしたない、みっともない。そんな概念を、彼女とあの作品が壊してくれたんだと思いました。女性がエロを楽しんだっていい、貪欲に欲していいと、彼女がTVで大っぴらに語ってくれたことは大きかったはずです。個性的過ぎて腋毛でウケたえっちなおねーさんに見えてしまいますが、「女性だってエロが好きでいいんですよ、楽しんでいいんですよ、何もおかしいことないですよ」ということが当たり前に理解される世界の入り口を広げてくれた方のように思いました。

最後に

ここまでの感想でおわかりかと思いますが、わたしは村西さんよりも黒木さんに好感と興味を持ってるんですよね。シーズン2でも彼女の行く末が気になっています。
ただ、ドラマの制作にあたって黒木さんの許可を得ていないということが指摘されていたと思いますが、この問題を解決しないままで大丈夫なのでしょうか。AV女優だろうが俳優だろうが一般人だろうが、許可なくドラマを作るのは問題だと思うのですが、こういう実在の人間をモデルにした作品て全てご本人からちゃんと許可を得て制作されてるものなんですかね?